高等教育無償化について

本校は『高等教育修学支援の新制度』の対象校として認定されております。
この制度は、授業料等減免と、給付型奨学金が同時に支援されます。
※対象…住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の方(進学資金シュミレーターにて該当するかご確認のうえ、お申込みください)
高等学校等を卒業後2年以内に入学される方(その他の方は、文部科学省HPをご確認ください。)
日本学生支援機構進学資金シュミレーターはコチラ

給付型


             
種類 奨学金制度 授業料等減免制度
給付奨学金 世帯所得金額区分 給付月額減免額
自宅通学者 自宅外通学者 入学金 授業料(年額)
第1区分
(住民税非課税世帯)
38,300円 75,800円 120,000円《上限》
590,000円
第2区分 25,600円 50,600円 80,000円《上限》
393,400円
第3区分 12,800円 25,300円 40,000円《上限》
196,700円

※授業料等減免の対象は、入学金・授業料のみとなります。(諸費用、学園マンション費用は対象外)
※給付型奨学金(高等学校での予約採用)を申請中の方が、「予約採用候補者に決定」した場合、入学後に正式な授業料等減免額を算出し、納入金額・期限等をご案内します。(入学手続き時に、入学金・授業料第1期の納入は不要)
例)第1区分で決定…授業料70万円の内、約59万円が授業料等減免額となり、不足分の約11万円は入学後に徴収
※入学選考で奨学生に採用される等すでに授業料の免除がある場合、免除された金額に対して授業料等減免は支援されます。
※学力、家計基準に基づき、期中に支援区分の見直しが実施されます。
※自宅外通学とは、家賃が発生することが原則となります。

【制度の詳細については、文部科学省のホームページをご覧ください。】
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm

【広島県のホームページに対象校が掲載されていますのでご確認ください。】
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/44/605623.html

高等教育の修学支援新制度


本校は「高等教育の修学支援新制度」の対象校として認定されております。この制度は、文部科学省の授業料等減免と、日本学生支援機構の給付型奨学金が連動して支援されます。


<2021年度実績>

授業料等減免 + 給付型奨学金
支援区分 減免額 給付月額
入学金 授業料(年額) 自宅通学者 自宅外通学者
第Ⅰ区分 120,000円 《上限》
590,000円
38,800円 75,800円
第Ⅱ区分 80,000円 《上限》
393,400円
25,600円 50,600円
第Ⅲ区分 40,000円 《上限》
196,700円
12,800円 25,300円

※授業料等減免の対象は、入学金・授業料のみとなります。(諸費用、学園マンション費用は入学手続き時に納入となります。)
※給付型奨学金(高等学校での予約採用)を申請中の方が、「予約採用候補者に決定」した場合、入学後に正式な授業料等減免額が決定された後の年間納付額を学費2回目(7月)に口座振替をいたします。
※対象…高等学校等を2年以内に入学される方(その他の方は、文部科学省HPをご確認ください。)
住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の方(進学資金シミュレーターにて該当するかご確認のうえ、お申込みください。)
例1)第Ⅰ区分対象者
入学金120,000円全額免除、授業料年額700,000円のうち590,000円免除となり、
不足分110,000円を2回目(7月)に口座振替にて納入。
例2)第Ⅱ区分対象者
入学金120,000円の内80,000円免除、授業料年額700,000円の内393,400円免除となり、
不足分40,000円(入学金)+306,600円(授業料)=合計346,600円を2回目(7月)の口座振替にて納入。
※他の授業料の免除がある場合、免除後の金額に対して授業料等減免額は支援されます。
※自宅外通学者とは、家賃が発生することが原則となります。そのため。「遠方入学生特典制度(寮費免除)」に認定された入寮決定者は、「自宅通学者」とみなされます。 ※学力、家計基準に基づき、期中に支援区分の見直しが実施されます。

ページの
先頭に戻る